種類と用途|洗顔料を選ぶ基準を知って自分の肌に合った物を使おう

洗顔料を選ぶ基準を知って自分の肌に合った物を使おう

女性

種類と用途

婦人

化粧を落とす時に雑に作業していると、肌にも悪い影響を与えます。クレンジング料にも何種類かあり、それぞれに特徴があります。その特徴を考慮してクレンジング料を選ぶことで綺麗な肌を保つことができるでしょう。
クレンジング料には基本的に5つのタイプがあります。どの種類が一番いいかではなく、肌質やその日その日のメイクや肌の状態に合った商品を選ぶことがポイントです。クリームタイプの商品は、油分と水分のバランスが良いのが特徴です。肌のハリや弾力が低下している時はマッサージクリームとしても使えるのがお得です。潤いを保つ効果もあり肌への刺激が少ないのも特徴の一つです。オイルタイプは油分が多い化粧品との愛称が良く、短時間でメイクを落とすことができます。洗顔後のさっぱり感が強く、しっかりしたメイクも簡単に落とせます。ミルクタイプのものはコットンなどを使って拭き取るタイプと洗い流すタイプに分けられます。脂を落としすぎないため肌への刺激も少ないといえます。乾燥しにくいため、肌の弱い人が好みます。ジェルタイプは肌に伸ばしやすいのでメイクにも馴染みやすい特徴があります。基本的には濡れた手でも使うことができます。最後にオイルフリータイプですが、角質を傷つけることなく、皮脂を取り過ぎることもないため肌の乾燥もすくないため保湿性に優れています。
クレンジング料の基本的な特徴を踏まえて使い分けることにより、より肌への美容効果を高めることができます。